淡路園芸博からこの地へ移り、10年の歳月とともに、日々変化し続けています。この空間の中にいると、草花や木々一本一本その主張が伝わってきます。